墓石を買うことは人生の中でも滅多に起こることではありません。だからこそ、墓石の相談を千葉してみませんか?予算や希望に合わせた商品が選べます。

納骨堂と遺影。二つの言葉が共有する或ることとは何でしょうか?それは、「ひとが亡くなったあとに考えること」です。
ひとが亡くなるというのは、言うまでもなく悲しいことなんですけれど、悲しんでばかりもいられないのが、社会の中に生きる我々というもの。
亡くなった人のためにはちゃんとお葬式を挙げなければいけませんし、お葬式には遺影が必要ですし、納骨堂やお墓のことも考えなければなりません。

お墓のことを考える、と言えば、特に墓石はどうするのか?というようなことも出てきます。
そんな細かい話……と思われるかもしれないですが、いずれは考えなければいけないことではありませんか。
遺影にしても墓石にしても、あるいは墓石は要るのか要らないのか?ということも、考えなければならないのです。

墓石は要るだろう、と思われるかもしれないですが、今、従来のように、お葬式後に火葬して、お寺の納骨堂に納めて、それからあらためてお墓に――という一連の流れとは、別の流れが出来つつあるのです。
もちろん今でも墓石を使ったお墓は毎年、建てられていますけれど、事情によって納骨堂をそのまま墓所として使用する、というひとが増えているんです。
お葬式のために遺影を準備することから始まる、或る「人生の最期の旅」を見てみましょう。